東京都世田谷区千歳烏山の女性社労士が起業時の助成金・労働保険や社会保険の適用・黒字経営をサポート
       
      〒157-0064 東京都世田谷区上祖師谷1−3−21−103
【手続迅速】当事務所は労働保険および社会保険の手続を電子化しております
03-3326-4864
東京世田谷やすい社労士事務所 東京世田谷やすい社労士事務所 東京世田谷やすい社労士事務所 東京世田谷やすい社労士事務所
東京都世田谷区やすい社会保険労務士事務所メニュー
東京都世田谷区やすい社会保険労務士事務所:黒字経営

会社をつよくしたい!気持ちにおこたえできます(ESアップと助成金)

東京都世田谷区やすい社会保険労務士事務所:黒字経営支援

経営は安定してきたが、伸び悩みを感じる経営者様へ

会社の業績も常に黒字になってきたころの伸び悩みを感じていらっしゃる経営者にとって、必要なのはさらなる経費の削減ではありません。

そんなときは
従業員満足度(ES)のアップがカギとなります。

人に関しての
ルールを周知したり、会社に貢献した人を評価したり、福利厚生を充実させ
ワークライフバランスを実践させる地盤固めをすることにより、従業員の満足度が増し、
会社への忠誠心
モチベーションアップにつながっていくのです。

それでは、具体的にどのようなことを
チェックしていけばいいのでしょうか?

就業規則・社内ルールの作成・変更のオススメ

<従業員10名以内の会社の場合>


平成20年度より
「労働契約法」が施行になり、パートであれアルバイトであれ、
それぞれに
雇用契約書を交付義務が周知されました。

雇用契約書の内容は多岐にわたります。
人を雇うごとに
適当にきめてしまった場合、人数が増えるほど契約内容の把握が難しくなります。

しっかりとした
ルールを作成し、従業員に周知させることにより、経営者の個々の労働条件などへの負担感はかなり減少するに違いありません。

       
ぜひ一度人を雇ううえでのルールについて
     
ヒトの法律専門家である当事務所と考えてみませんか?

経営者の考え
を盛り込んだ、法令違反にならないルールをともに作成しましょう。


<従業員10名以上の会社の場合>

就業規則の作成と監督署への提出が義務
となっています。

未提出だった場合はトラブルが起こった場合、かなりの割合で労働者が有利になります。

また、現在の法律にあわないような就業規則のまま放置するのは
経営者にとって危険です。

かつての好景気時代に
好条件の就業規則などをつくったままではないですか?

または、提出義務があるからと、
適当にひな形就業規則を作成してしまいませんでしたか?

金庫にしまってあったとしても、監督署に届けている以上、トラブルが起こった場合は
その
就業規則と労働基準法を比較し、好条件な規定が適用されます。

  トラブルがこれまでに会社内でなにもおこらなかった幸運な経営者さま、

           
 今なら間に合います!

トラブルが起こる前
トラブルに対処可能な「実践的オリジナル就業規則」
当事務所とともに作成しませんか?
法律に違反しない範囲で、経営者の意向に沿った形での就業規則を作成いたします

                           現在キャンペーン実施中 


労務管理の徹底のオススメ

うちは残業代がやたら多い
、と感じていらっしゃる経営者様にご提案です。

そろそろ、
タイムカードの併用での時間管理をしてみませんか?

残業する前に事前に書面で上司に確認をとる、その作業を取り入れることを
当事務所ではおすすめしています。

そもそも残業というものはなんでしょうか?
残業は
「今日中に仕上げなければならない仕事」が残っていて、上司の指揮命令があった場合に生じます。

本日やらなくていい業務は明日の通常の労働時間に行ってもいいわけです。

また、本当の意味の残業がある場合でも、
その社員は本日中に仕上げなければいけない業務を先に行っていたかどうかも重要です。


思い当たる節があった場合でも従業員を責めるのはいけません。

従業員がそのような動き方をしてしまうのは本人だけの問題ではなく、
会社の風土の問題
(たとえば会社にいる時間が長い社員がいい社員だという考えなど)もあります。

しっかりと、早く業務をおわらせるためにも、残業代という人件費を削減するためにもぜひ一度
社内風土の確認と業務の洗い出しをすることをお勧めいたします。

日本の労働効率は先進諸国では最低水準。

当事務所は貴社の
労働効率アップさせるノウハウをもっています。

当事務所とともに業務を効率化しませんか?

制度を変えて、残業代などが減っていけば当然反発はうまれます。

制度自体に納得するのに最低でも半年くらいはかかると思っています。

ただ、従業員がその制度に納得し、能率が上がれば余暇が増え、そこから生まれる時間を使って労働者は
いろいろな経験をし、そのスキルを社内で活用できそうなアイデアとして持ち込んできます。

組織の風土改革や業務の洗い出しによる残業代の削減はただの経費削減ではなく、ワークライフバランスを推進させることによる黒字化への重要なカギなのです。

業務の共有化のオススメ
2007年度から団塊の世代が大量定年を迎え始めています。

それらの年代が
要介護者になっていくのは10〜15年後といわれています。

少子化晩婚化のこの時代、残業が当然という時代はおわりました。

すべての労働者が親を介護しなければいけない可能性があるのです。

それは
明日
いきなり、有能な管理職が「親の介護」が理由で休んだり辞職したりする時代
目前に迫ってきている、ということ。

いまのままの制度では会社の存続自体も危ぶまれる状況ではないですか?

そのためには何をしていくべきか。

それぞれの従業員の業務を誰でもできる業務とすること。
すべての従業員がそれぞれの業務を理解し、マニュアル化し、共有化(ミエル家化)すること。

一人ひとりに負荷がかかりすぎないようにするのが重要だと当事務所は考えています。


                           

助成金活用のオススメ

働き方を変える、という考え賛同され、少しでも実践してみたいと思った経営者様へ

時間は確かにかかりますが、かならず実践可能です。

当事務所とともに貴社の「働き方をかえる」しくみをつくってみませんか?

このワークライフバランスという政府の政策にのった動きをすると、
いろいろな助成金がもらえます。

法律の専門家のなかで助成金に一番詳しいのは社会保険労務士ですので、あわせてそのような提案もあわせてさせていただきます。


                               いろいろな助成金の一部をご紹介



助成金・起業・オリジナル就業規則の作成・早くてミスのない給与計算・モレのない労働保険と社会保険の手続きなら
やすい社会保険労務士法人  〒157-0064 東京都世田谷区上祖師谷1-3-21-103(千歳烏山駅徒歩11分)
tel:03(3326)4864 FAX:03(6279)5088
 世田谷区・杉並区・渋谷区・新宿区・目黒区・大田区・調布市・など23区・東京都内・神奈川県(横浜)・千葉県

Copyright(C) 2009 yasui4864office All Rights Reserved
.