東京都世田谷区千歳烏山の女性社労士が起業時の助成金・労働保険や社会保険の適用・黒字経営をサポート
         
      〒157-0064 東京都世田谷区上祖師谷1−3−21−103
【手続迅速】当事務所は労働保険および社会保険の手続を電子化しております
03-3326-4864
東京世田谷やすい社労士事務所 東京世田谷やすい社労士事務所 東京世田谷やすい社労士事務所 東京世田谷やすい社労士事務所
東京都世田谷区やすい社会保険労務士事務所メニュー
東京都世田谷区やすい社会保険労務士事務所:労働保険 労働保険を理解しましょう
東京都世田谷区やすい社労士事務所:労働保険のご案内


民間の保険との違い

保険には大きく分けて、民間個人保険と公的保険があります。個人保険は、民間の保険会社が運営しているもので、公的保険は国が運営するものです。

保険とは、「日頃から掛金というお金を払っておいて、何か事故や病気のときに保険金を受け取る(もしくは償還給付してもらう)もの」ですが、個人保険は任意加入なのに対して、公的保険はそれぞれの加入義務のラインがあり、それに達した時から「会社としての義務」となるものです。

公的保険は労働保険と社会保険との2つに大きく分かれます。
労働保険の種類としては、「
労働者災害補償保険」と「雇用保険」があります。

社会保険に対してはこちらを参考にしてください。


労働者災害補償保険って?

経営者は労働者を一人でも雇えば、その従業員が仕事中・通勤中にけがをした場合はその治療費・所得補償(生活費の保障)・場合によっては慰謝料などの
損害賠償が発生します。

最近は長時間労働(残業)により職場の「安全配慮義務」が問われるケースが多く、うつ病などのメンタルヘルスに関しても、経営者が責任を取らなければいけない状況になっています。

労働者災害保険はいわば労働者のためではなく、むしろ
経営者としてのリスクヘッジ的なものです。

請負の人を働かせている場合は不要ですが、アルバイト・パート・フリーター、どんな名称であっても人を
1人でも、1時間でも働かせた場合、加入しなければならない(というか、加入しない状態でなにかおこってしまうと会社そのものもつぶれかねない)ものです。
           
             
労働者災害保険制度に対して詳しく知りたい場合はこちら

社長の俺でも保障になる労災があるって聞いたけど…

確かに社長でもはいれる保険がありますが、これはあくまで「労働者的な業務」をしていた場合に補償がされるというものですので、例えば「大工さん」や「配管工」などのように、明らかに他の労働者と同じ仕事をしているばあいに補償されます。

ただ、民間の保険などと違い、労災として認められれば、医療費は無料ですし、生活保障やその後の障害に対しても補償がおりてきますので、保険料に対しての保障は手厚いものです。

当事務所では、加入したほうがいいのか、加入しても意味がないのかお答えすることが可能ですので、気軽にお問い合わせください。

工務店などで請負の工員とともに業務をされている場合などは請負の工員まとめての加入をお勧めしております。おまとめの場合は
手続き業務の手数料を割引いたします。

雇用保険と助成金

雇用保険というのは「失業保険」といったほうがわかりやすいかもしれません。
労働者が失業をしたときに生活保障が受けられるもの、といった感じです。

でも、実は保険料のうちのいくらかが「雇用に関する助成金」の財源になっているのです。
助成金というのは、銀行などの借り入れとは違う、国からもらえる「返済不要」のお金です。

雇用保険というものが財源だというところから、想像がつくでしょうが、人の雇い入れなどに関してお金がもらえます。

事前申請が不可欠のため、「人を雇おうかな」と思ったときは是非ご一報を。
ただいまFAX助成金簡易診断を無料でさせていただいています。


                  雇用保険制度について詳しく知りたい方はこちら
                      その場でできる助成金診断はこちら


東京世田谷やすい社会保険労務士事務所ホーム

助成金・起業・オリジナル就業規則の作成・早くてミスのない給与計算・モレのない労働保険と社会保険の手続きなら
やすい社会保険労務士法人  〒157-0064 東京都世田谷区上祖師谷1−3−21−103(千歳烏山駅徒歩11分)
tel:03(3326)4864 FAX:03(6279)5088
 世田谷区・杉並区・渋谷区・新宿区・目黒区・大田区・調布市・など23区・東京都内・神奈川県(横浜)・千葉県

Copyright(C) 2009 yasui4864office All Rights Reserved.